『ざ・ダイエット道』あなたはどのダイエットを選びますか?

本当に痩せる必要ある?!

日本のコマーシャルにも登場するスーパーモデルのミランダ・カー。あのミランダ・カーも愛用しているという文面がよく登場してきます。ミランダ・カーの身長は175cmに体重は54kg。肥満判定の国際基準のBMIはWHOが定めた国際基準なので、ミランダ・カーのBMIで見てみるとなんとBMIの数値は約17.6となっています。これはまさに低体重の数値ですが、これを目指すのはやめておきましょう!

テレビコマーシャルに登場してにこやかな笑顔を見せるミランダ・カーはモデルさんです。確かにスラーーーッとしてスタイルをみると、ステキだなぁ!と思ってしまいますが、健康的ではないといけません。不健康で食べることに恐怖を抱くと拒食症になってしまいます。

ダイエットをする必要があるの?

スラッとしてスタイルでありながら、まだまだ太っていると考えているのは日本人女性ならでは?!と思ってしまうほど、ダイエットに効く食材がいろいろと特集を組まれています。ミランダ・カーも食べている美容にいいとか、満腹感がでるとかいう文句をみるとスラッとしたミランダ・カーの姿を想像して、これで痩せるなら買ってみようかな。という気持ちになってしまうから不思議です。

ちょっとまったーーーーー!!!!本当にダイエット必要する必要ある?!

健康を一番に考えよう

まず一番に優先するべきはダイエットよりも健康が一番ということは、よーく分かってはいてもついついテレビに出ている女優やタレントをみると、やっぱり痩せないと。と思ってしまうかもしれません。モデル出身の女優さんとかは基本が高身長なので、そもそも身長が違いますがモデル体重を目指してダイエットに頑張る女性も多いのもこれまた事実です。極端な食事制限は身体を壊す原因になってしまいます。

ついつい頑張りすぎてダイエットに励んでしまう頑張り屋さんこそ、注意が必要です。頑張りすぎてしまうと、ストレスになってしまって怖いことに食べることに恐怖を感じてしまいます。そして食べることが自己否定に繋がることになってしまって、食べて吐く。という拒食症にもなりかねません。

体重を減らすことにばかり集中してしまって、運動よりも食事制限することを選ぶと空腹感に我慢することができないでドカ食いしてしまう。そして再び極端な食事制限という繰り返しになってしまいます。極端な食事制限はストレスの元です。健康のために痩せなくてはいけないなら、ダイエットする必要がありますが特に標準的な体重で傍目からみてダイエットの必要がない人こそ、ダイエットはストレスの原因になるのでやめましょう。

年齢的にも20代の頃より30代の方、そして30代よりも40代と基礎代謝は落ちてくるので20代の頃とは違う!!と思うのも、これはごくごく自然なこと。基礎代謝が20代の頃とは違って当たり前です。20代の頃のような体力が欲しいと思うなら、食事で体重をなんとかしようとするよりも適度な運動を取り入れることで体力増強はもちろんですが、基礎代謝も上がります!

これしか食べないといった極端な食事制限は、基礎代謝が下がってしまいます。一時的にあれよあれよと体重が減っても、すぐにリバンドしてしまうだけではなくもっと悪いことに、極端な食事制限をする前よりも、太りやすい身体になってしまいます。これがずっーーーと続くダイエッターへの道になってしまうので、極端な食事制限だったりカロリーばかりをきにする食事はやめましょう!お菓子ばかりを食べているのも、もちろんダメです。お菓子のカロリー表示を見て、300キロカロリーだからとお菓子ばかりを食べてしまうと、身体に必要な栄養素を満たしていません。

まずは健康です。ダイエットにばかりに気をとられないよう、健康を一番に考えて自分の身体と向き合いましょう。

『ざ・ダイエット道』あなたはどのダイエットを選びますか?