『ざ・ダイエット道』あなたはどのダイエットを選びますか?

「食べろ。食べろ。食べたくなるぞぉ~」食欲はとまらない

いろんなダイエット法が登場する時代だからこそ、ダイエットの罠に陥らないように注意しないといけないです。ダイエットの情報があまりも溢れているからこそ、どの情報を信じればいいのかわからなくなってしまいます。一気に体重を落とせば「ダイエット成功!」と気持ちも良くなりますが、その一方ではリバウンドする可能性もぐっと高くなります。リバウンドは急激に痩せれば痩せるほど、リバウンドする確率も高くなってしまって気がつけばダイエットする前の体重よりも増えてしまうこともある、とっーーーーてもおそろしいのであります。

セットポイントに注目したダイエット

なんでも本当にダイエットに成功したといえるのは、減少した体重をそのまま3年キープして初めてダイエット成功だといえるという説もあります。そ・そ・そんな。。あまりにも気が遠くなる話ですが、脳みそが「食べろ。食べろ。ほーーーーら食べたくなるぞぉ。」とせっかく痩せたにも関わらず食べろ食べろと欲求を出してくるので、もうだめだ。我慢できない!と食べてしまって、結果体重が戻ってしまった。ということになります。

だったら騙せばいいじゃない?!もうすでに満腹なんだから、食べる必要なし。お腹なんて空いてないぞ。という声を脳みそが聞けば、ダイエット成功して「食べろ。食べろ。」という誘惑に打ち勝つことができそうじゃないですか。このことを「セットポイント」といって、脳の中で適性に判断している体重だとか。結局はセットポイントの指示で「食べろ。食べろ。」という食欲がでてくることに注目したダイエットです。

つまり脳の「セットポイント」を下げれば、食欲も抑えられて空腹感に悩むことがなくなるということになりますね~。これはいいぞ。脳を騙してやるフェイク作戦のような感じもしますが、フェイク作戦ならぬ「シャングリラ・ダイエット」が登場しています。

シャングリラ・ダイエット

シャングリラ・ダイエットは、何も食べないならばセットポイントは下がるという理論になっているので、風味のない油や砂糖といった食べ物を摂取することで、脳をだましてしまうことができるといいます。脳をだましてながらも、生命を維持するためのカロリーをとるので脳の中のセットポイント数値は下がるということになります。

そこで油と砂糖で脳を騙して、セットポイントを下げるというのが「シャングリラ・ダイエット」のポイントになります。

そしてルールがあって、砂糖もしくは油を1日に摂取しますが両方えらぶ必要はなくて、風味が薄い油のしそ油かキャノーラ油もしくは砂糖を選びましょう。そして摂取する量は100キロカロリーから400キロカロリーです。健康面で考えると、私がチョイスするならしそ油にしますね。キャノーラ油よりも値段は高くなってしまいますが、しそ油には皮膚を強くするという働きもあるので美肌狙いでいくならしそ油を選びましょう。

そしてどれぐらいの油をとればいいのか?!というと、砂糖を選んだ場合には大さじ4とちょっと、油の場合なら大さじ1と半分です。そして砂糖か油をいつ摂取して脳をだますのか?!とう点では、食事前と食事後の1時間以上を空けるのが鉄則です。食事や間食と一緒にあわせて、油か砂糖をとるのはダメです。おやつの代わりに食べると決めてしまうと楽かもしれないですね。タイミング的には食事の前後1時間はぜったいに空けると覚えておくと楽です。

脳を騙すという作戦なので、食事をとるときにも鼻をつまんで良いにおいを嗅がないようにして食べるという方法も効果的です。焼肉屋さんの前を通れば、ジュージューと美味しそうな匂いが食欲を刺激します。ウナギやさんの前を通れば、あのあまーーーくて香ばしい匂いであの匂いだけでご飯が進みそうな気持ちになってしまいます。匂いは食欲を刺激する大事な部分なので、あえて匂いを感じないようにすると、脳はだまされるでしょう。

そこで、味が濃いものほど脳はこれはこの食べ物のだ!何カロリーあるぞ。と連想してしまうので、「シャングリラ・ダイエット」中は焼肉屋や焼き鳥屋といった良い匂いのするところには近づかないほうがいいのはもちろんですが、食事で食べるものも味付けが濃くないものしておきましょう。あまり食べなれていないものを食べると、この食材はいったいなに??と脳がカロリーをよくわかっていないので、今まで食べたことない食材で薄い味付けにすると、より効果的にダイエットは進むことになるでしょう。「脳をだましてやれーーー」をテーマにして食事内容を選びつつ、そして薄い味付けです。

そして消化に時間がかかるものを選ぶというのも成功のポイントになります。消化に時間がかかる食材は、脳がカロリーを連想しにくくするからです。キノコやワカメといった食物繊維が多いものや、大豆食品に野菜も食物繊維が豊富に含まれているので、「シャングリラ・ダイエット」成功の秘訣になります。

それにしても、次から次へと色々なダイエットが登場していますが「脳をだます」ということに着目したダイエット法も登場しているので、これからまだまだいろんなダイエット法が登場してきそうです。外科手術で痩せるという方法もあって、ウエストを細くするために、肋骨を抜いてウエストを細くする手術や、胃の上の部分にバンドをまいて締め付けることで少量の食事で満足するようにする方法もあります。

色々なダイエットで惑わされることなく、気楽にできて健康を損なわないように!を大前提にして自分で「これだ!」と思えるようなダイエットを選んでみましょう~!

頑張りすぎると続かないのがダイエット道であります。

『ざ・ダイエット道』あなたはどのダイエットを選びますか?